臍帯血の凍結保存

 

臍帯血の凍結保存

臍帯血とは

臍帯血は、出生時に新生児のへその緒から採取される血液のことです。臍帯血には造血幹細胞が含まれており、これらの幹細胞は成長、修復、再生などの過程で他の種類の血液細胞を生成する能力を持っています。この臍帯血中の幹細胞は、骨髄移植や血液疾患の治療などの医学的な用途に使用されることがあります。臍帯血の採取と凍結保存は、新生児やその家族の将来の医学的ニーズに備えるために行われることがあります。

 

臍帯血の使用

臍帯血は様々な分野で使用されています。

 

幹細胞移植

臍帯血中には造血幹細胞が含まれており、これらの幹細胞は骨髄移植と同様に患者の血液や免疫系の再生に用いられます。特に、白血病やリンパ腫などの血液関連の疾患に対する治療に幅広く応用されています。

 

再生医療

幹細胞が再生医療の素材として使用され、損傷した組織や臓器の修復や再生が試みられています。心筋梗塞や脳卒中などの疾患に対する治療法の開発にも利用されています。

 

臨床研究

臍帯血に含まれる幹細胞やその他の成分は、医学研究の材料として広く利用されています。幹細胞の特性や機能を理解し、新たな治療法や医学の進歩につながる研究が行われています。

 

家族内移植

臍帯血は、患者自身やその家族の将来の医学的ニーズに役立つ場合があります。家族内での移植によって、遺伝的な血液疾患やその他の疾患の治療が可能になることがあります。

 

臍帯血を凍結保存する目的

 

造血幹細胞の保存

臍帯血に含まれる造血幹細胞は、成長、修復、再生などの過程で他の種類の血液細胞を生成する能力を持っています。幹細胞療法では、これらの造血幹細胞を用いて様々な疾患の治療や再生医療に応用することができます。

 

家族の医学的ニーズへの備え

臍帯血中の造血幹細胞は、新生児自身やその家族の将来の医学的ニーズに役立つ可能性があります。家族内で遺伝的な血液疾患やその他の疾患が発症した場合、臍帯血の幹細胞は移植や治療に使用されることがあります。

 

医学研究への貢献

臍帯血の凍結保存は、幹細胞研究や医学研究の材料としても利用されます。これにより、新たな治療法や医学の進歩に貢献する可能性があります。

 

臍帯血の凍結保存

臍帯血の凍結保存は、幹細胞やその他の細胞が保存中に損傷を受けないようにするために、特別な凍結保存方法が用いられます。一般的な臍帯血の凍結保存の仕組みは以下の通りです。

採取

新生児の臍帯から採取された臍帯血は、血液サンプルを含む容器に保存されます。採取後、可能な限り早く処理されることが重要です。

 

処理

臍帯血は、凍結保存前に特定の処理を受けることがあります。例えば、血液成分の分離や濃縮が行われる場合があります。

 

凍結

処理が完了した臍帯血は、特別な凍結媒体に入れられます。凍結媒体には、幹細胞や他の細胞の保護、凍結中の結晶化の防止、細胞の凍結および解凍プロセスの補助などの役割があります。通常、液体窒素のタンクなどの低温環境に保存されます。

 

保管

凍結保存された臍帯血は、液体窒素のタンクなどの極低温環境で保管されます。これにより、細胞が長期間安定して保存されることが保証されます。

 

解凍

臍帯血が将来的に使用される際には、凍結保存から解凍されます。解凍プロセスは慎重に行われ、細胞の損傷を最小限に抑えるための適切な方法が採用されます。

 

凍結保存により、臍帯血中の幹細胞やその他の細胞が長期間安定して保存され、将来の医学的ニーズに備えることが可能になります。

 

Strex CytoSAVER プログラムフリーザーによる臍帯血の凍結保存

Strexは、臍帯血の効率的な凍結保存を可能にするCytoSAVERプログラムフリーザーを提供しています。CytoSAVERは液体窒素を使用せず、コンタミネーションのリスクを低減し、臍帯血の凍結操作を簡便かつ安全に行うことができます。FZシリーズには、異なるサンプル容量や収容数に対応する複数のモデルがあります。FDAタイトル21 CFRパート11(cGMP)に適合しているモデルもあり、規制要件を満たす環境での使用が可能です。さらに、血液バッグを効率的に搭載できる設計も特徴です。Strex CytoSAVERプログラムフリーザーに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

関連コンテンツ

プログラムフリーザー・代表インタビュー

プログラムフリーザー

プログラムフリーザーの仕組みと使い方

凍結プロトコル

凍結プロトコル作成方法

細胞の凍結保存に最適な冷却速度

コントロールレート凍結

研究用凍結装置

細胞凍結

DMSOで細胞凍結

液体窒素フリーザーと液体窒素フリーフリーザーの比較

液体窒素不要プログラムフリーザーの利点

イソプロパノール凍結容器(IPA)とプログラムフリーザーの比較

凍結保存と細胞生存率

幹細胞の凍結保存

幹細胞研究におけるプログラムフリーザーによる細胞凍結の重要性

細胞の凍結保存

緩慢凍結法

ヒト幹細胞の凍結保存

臍帯血の凍結保存

体外受精の凍結保存

iPS細胞の凍結保存

神経細胞の凍結保存

Programmable Freezer(Controlled-Rate Freezer)

 

プログラムフリーザー・CytoSAVER FZ シリーズ

CytoSAVER プログラムフリーザー FZ シリーズ

 

 

プログラムフリーザー

 

お問い合わせ

お問い合わせ