細胞の凍結保存

 

細胞の凍結保存

細胞の凍結保存は、生物学や医学の研究などで使用される一般的な実験手法の一つです。このプロセスでは、生物学的なサンプル、例えば細胞や組織、培養細胞などを非常に低い温度で凍結し、後で必要に応じて解凍して使用できるようにします。この手法は、細胞や生物学的な材料を保存しておくための効果的な方法であり、長期間にわたって安定性を保つことができます。

 

一般的な細胞の凍結保存の手順は以下の通りです。

 

培地の調製

細胞が培養されている培地(栄養媒体)を調製します。培地には細胞の成長に必要な栄養素や成分が含まれています。

 

細胞の取得

凍結保存する細胞を培養皿から取得します。これは通常、細胞培養の標準的な手順に基づいて行われます。

 

冷却剤の追加

冷却剤として通常は液体窒素など、極端に低い温度のものを使用します。これにより細胞の活動が停止し、細胞内の水分が結晶化しないようになります。

 

凍結

冷却剤が加えられた細胞は急速に冷却され、凍結されます。このプロセスでは、凍結に伴う細胞内部の構造や成分の変化を最小限に抑えることが重要です。

 

保存

凍結された細胞は適切なコンテナに保存され、液体窒素タンクなどで極低温の状態で保管されます。

 

細胞の凍結保存は、長期保存や輸送、細胞バンクの管理などで利用されます。凍結保存された細胞は必要な時に解凍され、再び培養や実験に使用されることがあります。

 

細胞の凍結保存に必要な装置

細胞の凍結保存には、特定の装置や機器が必要です。以下は一般的な装置と機器の例です。

 

冷凍保存装置

凍結保存される細胞は非常に低温で保存されるため、冷凍保存装置が必要です。これには、液体窒素タンクや冷凍庫が含まれます。液体窒素は非常に低温で安定しているため、多くの場合、液体窒素が冷却剤として使用されます。液体窒素タンクは、細胞の試験管やコンテナを格納できるように設計されています。

 

冷凍保護剤

凍結する際、細胞内の水分が結晶化するのを防ぐために、冷凍保護剤が使用されます。これらの物質は、凍結に伴う細胞内の損傷を最小限に抑える役割を果たします。一般的なクリオプロテクタントには、デンプンやグリセリン、ジメチルスルホキシド(DMSO)などがあります。

 

プログラム可能な冷却装置・プログラムフリーザー

凍結の際には、特定の速度で冷却することが重要です。このためには、プログラム可能な冷却装置が必要です。液体窒素冷却装置や冷凍庫など、プログラム可能な冷却速度を提供できる機器が使用されます。

 

試験管やコンテナ

凍結保存される細胞は、試験管やコンテナに入れられます。これらは凍結保存に適した素材で作られ、密閉された状態で液体窒素タンクや冷凍庫に保管されます。

 

これらの装置や機器は、細胞の凍結保存を効果的かつ安全に行うために欠かせない要素です。適切な手順と機器の使用は、細胞の保存中に品質を保ち、後で再利用する際に機能を維持するのに役立ちます。

 

細胞の凍結保存が活用されている研究分野

細胞の凍結保存はさまざまな研究分野で必要とされており、以下はその主な例です。

医学研究

医学研究では、細胞の凍結保存が生体試料の長期保存やバイオバンクの構築に重要です。これにより、がん組織や臓器などの貴重な生体試料を将来の研究や治療法開発に利用できます。

 

細胞培養研究

細胞培養は細胞が培養基で成長・増殖するプロセスであり、これらの培養細胞を凍結保存することで、特定の実験や試験のために細胞を長期間保存できます。これは再現性のある実験を行う上で重要です。

 

再生医療

凍結保存は再生医療においても重要な技術です。例えば、患者自身の細胞や組織を採取・凍結保存しておき、将来的にその細胞や組織を利用して治療することが可能となります。

 

遺伝学研究

遺伝学的な研究では、凍結保存によって遺伝子や細胞株を保存し、将来の実験や調査に利用できます。これは遺伝子工学や遺伝子解析において有用です。

 

農業研究

農業分野では、特定の植物の組織や種子、花粉などを凍結保存しておくことで、遺伝的資源の保存や新しい品種の育成に役立てられます。

 

動物学研究

動物学の研究においても、動物の細胞や生体試料を凍結保存しておくことで、種の保存や繁殖管理が可能になります。動物園や保護施設での利用があります。

 

これらの分野での細胞の凍結保存は、研究の進展や生物学的な資源の効果的な管理に寄与しています。

 

Strex CytoSAVER プログラムフリーザーによる細胞の凍結保存

Strexは、細胞の効果的な凍結保存を可能にするプログラムフリーザーであるCytoSAVERを提供しています。液体窒素を使用せず、コンタミネーションのリスクを低減し、細胞の凍結操作が簡便かつ安全であり、貴重なサンプルを安定して保存できます。プログラム可能な凍結サイクルにより生存率を調整でき、大型の液体窒素タンクは不要です。FZ-2100およびFZ-2200モデルは、約1mLのサンプルを最大81本まで収容できる設計です。また、FZ-3100およびFZ-3200モデルは最大171本の1mLサンプルを搭載できます。これにより、異なる規模や要件に対応するために最適なモデルを選択できます。

 

FDAタイトル21 CFRパート11(cGMP)に適合しているFZ-2200およびFZ-3200モデルもCytoSAVERラインナップに含まれており、これにより規制要件を満たす環境での使用が可能です。ブロックを外すことで、血液バッグも効率的に搭載できます。

 

Strex CytoSAVERプログラムフリーザーFZシリーズに関する質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

関連コンテンツ

プログラムフリーザー・代表インタビュー

プログラムフリーザー

プログラムフリーザーの仕組みと使い方

凍結プロトコル

凍結プロトコル作成方法

細胞の凍結保存に最適な冷却速度

コントロールレート凍結

研究用凍結装置

細胞凍結

DMSOで細胞凍結

液体窒素フリーザーと液体窒素フリーフリーザーの比較

液体窒素不要プログラムフリーザーの利点

イソプロパノール凍結容器(IPA)とプログラムフリーザーの比較

凍結保存と細胞生存率

幹細胞の凍結保存

幹細胞研究におけるプログラムフリーザーによる細胞凍結の重要性

細胞の凍結保存

緩慢凍結法

ヒト幹細胞の凍結保存

臍帯血の凍結保存

体外受精の凍結保存

iPS細胞の凍結保存

神経細胞の凍結保存

Programmable Freezer(Controlled-Rate Freezer)

 

プログラムフリーザー・CytoSAVER FZ シリーズ

CytoSAVER プログラムフリーザー FZ シリーズ

 

 

プログラムフリーザー

 

お問い合わせ

お問い合わせ