PRODUCT製品紹介

ガス圧力細胞刺激装置 AGPシリーズ Gas pressure stimulator

細胞物理刺激システム

細胞物理刺激システム

生体内の組織・細胞は、常時メカニカルストレス(力学的刺激)を受けています。
これに対し、通常の静的培養系(in vitro)ではこのような刺激は存在せず、生体内細胞とは多くの点で異なっています。血管内皮細胞・心臓内皮細胞・腎臓細胞・網膜神経細胞等を生体内と同等の環境で培養するには、ガス圧力負荷による力学的刺激が重要です。
本装置は、メカニカルストレス感知機構、細胞内シグナル伝達、タンパク質発現、再生医療等の研究に最適です。

商品情報

  • システム構成:圧力チャンバー、コントローラー
    ※ 本装置を使用するためにはCO2 5%+Air95%ブレンドガスボンベが必要な場合があります。
  • 1ch仕様と2ch仕様があります。
  • 0~350mmHgの圧力範囲で、2種圧力値設定し加減圧できます。
  • 連続加圧モード、加圧・減圧繰り返しモードがあります。
  • CO2インキュベータ内に設置して、長期間の加圧培養が可能です。
  • 連続加圧モード時に自動ガス交換を行います。
  • 圧力パターンのプログラムの書き換えにより、希望の圧力パターンが製作可能です。(別途費用)

仕様

その他

お問い合わせ

お問い合わせ