受精卵振動培養装置ときどきブルブル

受精卵・未受精卵へ物理的刺激を負荷 

受精卵・未受精卵に振動刺激を負荷させることにより、発育促進・胚盤胞到達率の向上が可能です。従来の培養系を崩すことなくご実験いただけます。 

名称未設定

 スクリーンショット 2014-03-27 10.52.41

振動強度 1〜9
振動時間 1〜99秒
静止時間 1〜99分
サイズ W230 × D300 × H105mm
重量 1.9kg
電源 ACアダプタ(100-240V,50/60Hz)
バッテリー(NS-100-3700)
振動強度 強/弱
振動/静止時間 10パターン
サイズ 振動部
コントロール部
シリコンマット
W110 × D140 × H50mm
W140 × D105 × H55mm
W170 × D140 × H5mm 
重量 振動部
コントロール部
シリコンマット
158g
232g
145g 
電源 ACアダプタ(100-240V,50/60Hz)

● CO2 インキュベーター庫内に設置可能(防湿・防滴仕様)

● 従来のシャーレ、チャンバーが使用可能

● サンプルに一定間隔毎に数秒~数十秒間の振動を負荷 (振動パターンは任意に設定できます。) 

● 大型プレートから小スペース用まで、用途に合わせたサイズが選択できます。 

● 専用の充電式バッテリーで連続 100 時間動作可能 

使用例)単為発生卵子および体細胞核移植胚に由来する胚盤胞の効率的生産

ときどきブルブルを用いてメカニカル振動を与えながら、ブタ卵子の成熟培養を行った。得られた成熟卵子を除核後、ミニブタ体細胞を融合することにより体細胞核移植胚を作出した。それらの胚を超音波照射により活性化し、体外発生状況を観察した。コントロールとして、メカニカル振動なしの条件下で卵子を成熟培養した区を設けた。

 ときどきブルブルを用いてメカニカル振動を与えながら、ブタ卵子の成熟培養を行った。得られた成熟卵子を超音波照射により活性化し、単為発生状況を観察した。コントロールとして、メカニカル振動なしの条件下で卵子を成熟培養した区を設けた。

glaph

glaph2

<参考文献>

Enhancement of cytoplasmic maturation of in vitro-matured pig oocytes by mechanical vibration
Yamato Mizobe, Mitsutoshi Yoshida and Kazuchika Miyoshi Laboratory of Animal Reproduction, Faculty of Agriculture, Kagoshima University Journal of Reproduction and Development, Vol. 56 (2010) , No. 2 April pp.285-290