培養細胞伸展システム

メカニカルストレス負荷細胞培養

生体内の細胞は、常に様々な機械的刺激を受けています。細胞が、伸展、圧縮、ズリ応力、静水圧などの機械的刺激を受けると、メカノレセプターが刺激され、細胞内にそのシグナルが伝達されることにより細胞活動に影響を与えると考えられています。

しかし、通常の培養条件下(静的培養)では、このような刺激は存在しません。STREX 社の培養細胞伸展システムは細胞に伸縮、圧縮刺激を加えながら培養することで、生体内に近い環境を与えるため、静的培養とは異なる細胞の変化・応答が観察できます。接着性の種々の細胞に広く用いることができます。

高性能モーターとストレッチチャンバーからなるSTREX社独自の優れたシステム

システムの特徴

多様なストレッチパターン:
伸展率8通り、頻度8通りの組み合わせにより、計64通りのストレッチパターンが可能。
ストレッチチャンバー:
細胞の固定、蛍光イメージングなど様々な処理が可能な特殊シリコン膜チャンバー。
均一な負荷:
すべての細胞に均一な負荷、かつ伸展させる軸方向以外への二次的負荷が微弱
高い再現性:
本体は高精度・高トルクステッピングモーターにより 超低速から高速まで安定した動きが可能。
優れたシリコン膜チャンバーとの組み合わせにより、再現性の高いストレッチ刺激を負荷できます。

ストレッチパターンとは?

2種のパラメーター “伸展率と伸展頻度” の組み合わせにより、負荷のパターンが決まり、さまざまな周期的、持続的刺激を設定できます。

ストレッチパターンとは?

周期的パターンには伸展保持時間の有無の違いにより、
以下の二つのウェーブパターンがあります。

モデル

生化学的アプローチ 細胞生物学的アプローチ
Features  STB-100-04  STB-100-10  STB-1400-04  STB-1400-10
Applications • 遺伝子発現、タンパク質発現
• 細胞骨格
• 細胞形態
• 長時間刺激が可能(hours-days)
・持続的伸展用
• 遺伝子発現、タンパク質発現
• 細胞骨格
• 細胞形態
• 複数チャンバーを培養可能
• 長時間刺激が可能(hours-days)
チャンバー数 1 1 8 6
培養面積 4cm² 10cm² 4cm² 10cm²
伸展方向 一軸性 一軸性 一軸性 一軸性
顕微鏡に設置 - - 不可 不可
Microscope - - - -
Incubator Fits in standard incubator
(シャーレ内に入れる)
Fits in standard incubator
(シャーレ内に入れる)
Fits in standard incubator Fits in standard incubator
ストレッチパターン
(最大)
手動・持続性 手動・持続性 自動・64 通り 自動・64 通り
細胞生物学的アプローチ
Features  STB-150  STB-190-XY  STB-1500
Applications
• 細胞骨格
• 細胞形態
• イオン動態(Ca²+ influx)
• NO 産生
• リアルタイム細胞観察
• 短時間刺激用 ( 連続15-20 分まで)
チャンバー数 1 1 1
培養面積 4cm² 4cm² 4cm²
伸展方向 一軸性 一軸性
XY 二軸性両方可
一軸性
顕微鏡に設置
Microscope 標準: Nikon,Olympus
オプション:Zeiss,Leica
標準: Nikon,Olympus
オプション:Zeiss,Leica
標準: Nikon,Olympus
オプション:Zeiss,Leica
Incubator - - CO² incubator 付
(チャンバー型)
マイクロインキュベーター
ストレッチパターン
(最大)
自動・64 通り 自動・64 通り 自動・64 通り

価格について・PDFのダウンロード

各製品や消耗品などの詳細な価格などは、PDFから確認してください。

【ダウンロード】培養細胞伸展システム:価格表